人気ブログランキング |
ブログトップ

Handa&Company 半田商会 ブログス

handacore.exblog.jp

半田商会通信

右耳 難聴、その後

相変わらず、右耳の調子は悪いです。
色々検索していると「耳管狭窄症」「耳管開放症」なる病気を見つける。
症状が似ているのでそれを診察してくれる病院を予約した。
さらにこの病気の原因が副鼻腔炎が関与している可能性もあるという事。
ここも大事な所で自分は慢性的にこの症状を抱えているし右耳がおかしくなる2,3日前に
右鼻から酷い鼻血も出ていた事、調子が悪かった事も原因ではないかと。
治療で良くなれば耳鳴りや音も良くなるんだけど。

後は、

FACEBOOKの方には書いたのですが
右耳は発症以前から低音が聴こえて居なかったのではないかという可能性。

発症前から自分はイヤホンやヘッドホンを殆ど使わない生活なので
最近は音を細かく判断する事は無い。せいぜい自宅のPCスピーカーで音楽を聴く程度。
最近はレコーディングの付き合いも殆ど無いし。
STINGERの新音源のカッティングの時は気付かなかった。

発症前の話。

先頃思い出したのがPCスピーカーのセンター位置が何かへんだなと思った事があった事。
今から考えればこれが結構重要で、
最近分った事なのだけど、自分の場合の右耳の低音が聴こえない症状では、
聴感上、左に寄って聴こえる。
高音はほぼ問題ないので、高い音はバランス的にセンターで、
低音だけが左より。
左は音域的に広く聴こえる、右は高域のみ、
というバランスでは音域の広い方に聞こえが傾く。

成る程、左寄りに聴こえた訳だ。

もし確認するのであれば分離のしっかりした音域の広いクリーンな音楽が良いと思います。
自宅にもそういうCDがあったのでヘッドホンでそれで聞いたらより分かりやすかった。
大きい音だと確認し辛いので、小さい音で確認してみて。
耳鼻科の聴力検査も大きい音ではないし。

純音が聞けるサイトを見つけたのでチェック
純音を聞いてみよう
ヘッドホンで左右分けて聞いてみると良い。

現状、上に書いた病気の可能性もあるので水曜にその病院に伺います。

でも右耳低音は相変わらず、聴こえ辛い。
もう、発症前に戻るだけで良いよ。
耳鳴りと響きが無ければ日常生活に問題ないよ、多分。
by handacore | 2013-05-19 11:17 | 徒然 | Comments(0)